デイサービスを利用する利用者様とゆっくりと話をする時間はありますか?

「私は延命治療はしたくないの」

 

 

スタッフ研修 機能訓練を導入しているデイサービスをサポートしていたとき、私は担当している利用者様の膝の具合を確認しようと手を伸ばした。その時、「先生、私は延命治療はしたくないの。どうしたらいい?」と利用者様は質問してきました。

 

私はその日の機能訓練の内容を変更し、利用者様の質問に答えることにしました。

 

私のサポートは月に1回から2回しかありません、サポートする日に利用者様がいなければ来月の機会になります。今回、質問してきた利用者様と会ったのは2ヶ月ぶりでしたが、「延命治療」についての質問は私にだけしていました。

 

 

デイサービスには、看護師もヘルパーも介護福祉士も常にいます。しかし、利用者様はスタッフは少々忙しそうにしていて質問をする機会がなかったとのこと。なかなか繊細な質問だけにゆっくりと話をしたかったけど、誰にも相談することができなかったと話してくれました。

 

 

 

今まで幾つかのデイサービスをサポートしてきましたが、多くのデイサービスはとても忙しい環境にあると思います。ゆっくりと利用者様と話をする時間があるわけでもありません。逆に話をしていると仕事をしていないという風潮さえ感じられる。そういう環境の中で利用者様は相談したいことを話せないジレンマを多く抱えています。

 

利用者様の中には、お風呂よりも機能訓練よりもレクよりも話をしたいという気持ちを強く抱いている方もいます。

デイサービスでは人手も足りない状況の中、たくさんの業務があると思いますが、5分いや3分でもいいので少し話を聴いてみてはどうでしょうか?その少しの時間で利用者様があなたのデイサービスを選んでいる理由がきっと見えて来ると思います。