デイサービスが機能訓練を行う大切な理由

「デイサービスには機能訓練は必要ない。」

 

デイサービスに勤めている人の中にはそういう意見の人も居る。また、機能訓練を導入することで「利用者さんが来てくれる。」と考える人も居る。

リハビリ特化型デイサービスの人気と共に機能訓練の必要性が見直されている。現在でもフランチャイズとして介護事業に参入する経営者や機能訓練を導入しようと考える経営者は増えている。病院やクリニックでは診療報酬の改定や経営方針から患者さんを早期退院またはリハビリテーションを終了とする動きがある。そのあとを引き継ぐ介護事業は機能訓練やリハビリテーションの一部を担う役割りが出てきた。

 

「通所リハがあるからデイサービスが機能訓練をしなくてもいいでしょ!?」

 

確かにそういう考え方は、介護に携わる者の考え方として間違っていない。しかし、利用者さんはそんな風に思わないし考えてもいない。利用者さんは、あなたがいるデイサービスに行きたいと考えているだけです。

 

デイサービスが機能訓練を行う大切な理由。

 

それは、利用者さんの【健康管理】

 

本来デイサービスにおける機能訓練は残存機能の維持や向上、麻痺や障害の改善・回復などの効果も期待できるものとして提供している。しかし、私はそれから一歩前進して利用者さんの健康管理をできるようになるまで機能訓練導入をサポートしています。

経営の面から考えても、今あなたのデイサービスを利用している利用者さんの健康管理をすることが大切だということは理解できると思います。今、あなたのデイサービスを選び楽しみに利用している利用者さんのために機能訓練を通してできることは沢山あります。

 

現在、介護業界は[在宅][参加・活動]が大きなテーマとして進んでいます。その中でデイサービスは利用者さんにとって何を提供することができるのかを考えなければいけません。

考え抜いた答えはきっと利用者さんから選ばれる理由になると思います。

 

 質問やお問い合わせはこちらから

↓↓↓↓

お問い合わせ

0 コメント

変化し続けるデイサービスの経営

時代の流れとともに変化していくデイサービスの経営

介護事業の変化は止まりません。

そして、これからもその変化は続いていきます。現在も厚生労働省では介護事業に関する話し合いが続いていますが、どれも厳しいものになっていくことが考えられます。

 

いくつかのデイサービスをサポートしているとスタッフと経営について話をする機会があります。スタッフの中には変化に敏感な方もおり、これからのデイサービスの経営について真剣に考えている方もいます。しかし、その中でも今までの経験で通用すると考えている方もいます。

 

私はそのままでは経営は厳しいもになっていくと考えています。ひと昔と違いデイサービスが提供しているサービスはどれも似たような内容になっています。そのため、利用者様やケアマネージャーはデイサービスを選ぶ基準としてサービス内容をそれほど重視していません。

 

介護の現場を経験した経営者にしろはじめて介護の世界に飛び込んだ経営者にしろそれぞれの経験を経営に活かすことは大切ですが、その経験が今の時代とタイミングが合っているかどうかが大切になってきます。

 

新たなサービスを提供するときも同じです。今の時代とそのサービスのタイミングが合っているのかを注意深く観察し世に送り出すタイミングを見極めなければなりません。

 

タイミングは地域性も大きく関わってきますし、対象となる利用者様の家庭環境などの影響も受けます。

 

これから、自費サービス自由競争の大きな波がデイサービスに強いインパクトを与えようとしている時代。あなたのアイディアや提供しようとしているサービスは時代とタイミングが合っているでしょうか?

 

今、デイサービスの経営は厳しい状況かもしれませんがこの厳しい状況を乗り越えれば選ばれるデイサービスになるチャンスがあります。もう一度、あなたのデイサービスで時代に合わせて変化できるサービスやタイミングが合うサービスがあるか見直してみるチャンスです!

一緒に笑顔が溢れるデイサービスにしていきましょう!

 

 

質問やお問い合わせはこちらから

↓↓↓↓

お問い合わせ

 

 

0 コメント

デイサービスを利用する利用者様とゆっくりと話をする時間はありますか?

「私は延命治療はしたくないの」

 

 

スタッフ研修 機能訓練を導入しているデイサービスをサポートしていたとき、私は担当している利用者様の膝の具合を確認しようと手を伸ばした。その時、「先生、私は延命治療はしたくないの。どうしたらいい?」と利用者様は質問してきました。

 

私はその日の機能訓練の内容を変更し、利用者様の質問に答えることにしました。

 

私のサポートは月に1回から2回しかありません、サポートする日に利用者様がいなければ来月の機会になります。今回、質問してきた利用者様と会ったのは2ヶ月ぶりでしたが、「延命治療」についての質問は私にだけしていました。

 

 

デイサービスには、看護師もヘルパーも介護福祉士も常にいます。しかし、利用者様はスタッフは少々忙しそうにしていて質問をする機会がなかったとのこと。なかなか繊細な質問だけにゆっくりと話をしたかったけど、誰にも相談することができなかったと話してくれました。

 

 

 

今まで幾つかのデイサービスをサポートしてきましたが、多くのデイサービスはとても忙しい環境にあると思います。ゆっくりと利用者様と話をする時間があるわけでもありません。逆に話をしていると仕事をしていないという風潮さえ感じられる。そういう環境の中で利用者様は相談したいことを話せないジレンマを多く抱えています。

 

利用者様の中には、お風呂よりも機能訓練よりもレクよりも話をしたいという気持ちを強く抱いている方もいます。

デイサービスでは人手も足りない状況の中、たくさんの業務があると思いますが、5分いや3分でもいいので少し話を聴いてみてはどうでしょうか?その少しの時間で利用者様があなたのデイサービスを選んでいる理由がきっと見えて来ると思います。

 

 

 

0 コメント